88奥の院














奥の院。


 お寺の奥の院の事です。様々な所があります。難易度は高めです。


 崖の上なども含まれています。ですが、人が行けない程ではありません。
ちゃんと、掃除されている所が多いです。また、普通のお寺もあります。
番外では、ありません。


 例1 八十八ヶ所の一番札所霊山寺の奥の院は「東林院」。
きれいな普通のお寺で、大きいです。


 例2 八十八ヶ所の十八番札所恩山寺の奥の院は「弁財天」。
納経(御朱印)は恩山寺でします。しかし、弁財天は小松島の海沿いにあり、
無人。大きな道路を中心に考えると恩山寺から反対の方向進みます。
私は迷いました。歩いている地元の人に道を聞いたくらい。カーナビに情報が
入っていませんでした。


 例3 八十八ヶ所の三十七番札所岩本寺の奥の院は「矢負いの地蔵」。
同じ岩本寺の中にあり、納経(御朱印)も岩本寺。


 例4 八十八ヶ所の十二番札所焼山寺の奥の院は「蔵王大権現」。
焼山寺から山を登ります。見どころは山ほどありますが、登山必須。
次々とお寺を巡りたい人は、時間を取られるって思うでしょう。
納経(御朱印)は焼山寺。

ちなみに、衛門三郎の杖杉庵の納経(御朱印)も焼山寺。


 面白い話もあって、薬王院のご本尊は火事の時自身で奥の院まで
逃げて、本堂が復活すると自身で戻ってきた。そして扉を閉めた姿で仏像に
戻ったので、後ろ向き観音と言われていて、前から後ろからと参拝するのが
普通になっていたりします。


 奥の院は、お寺の秘仏を置いていたりします。
火事などで焼失しても作り直せるように分散保存してあったり。
これは、四国霊場だけではありません。


 ある程度大きなお寺は、奥の院を持っています。


 例のように、直ぐ近くにあったり、別のお寺だったり、本殿より奥にひっそり
あったりします。その山の山頂や祠やミニ鍾乳洞の奥なんてのもありました。

 


inserted by FC2 system